体験談

さやかを落とした話

身長:166~170くらい?

スタイル:見ての通り

性格:クール系

公開状況

話の公開:端的ならOK

写真の公開:顔出しOK

対価:24000円

ベッドインまでの道のり

出会いは喫茶店で働いているところを見て、声をかけました。

個人的に喫茶店は接客業で掘り出し物が多いと踏んでいる場所なのですが、この人は別格でして、最初は目を疑いました。

 

クール系なのですが、こちらから話を振ると返してほしい答えを持ってくることが出来る、頭の良さもあり、そういった意味では逆に落としやすい相手だったと思っています。

 

喫茶店の良いところは、ある程度喋る時間があると言うところで、しゃべりのスキルさえあれば、それなりの状態にもっていける自信が私にはあります。

皆さんも腕を磨いていったら、トライしてみてはいかがでしょうか。

 

しかしながら、割と硬派な性格で私が押しても、流されることも多く、さしで飲もうとしても難しいものがありました。

なんとか「友達未満の喋り相手」としてキープしときたい、というのが本音だったのかなと思っています。

 

ただ、意外な一面があり漫画のチェンソーマン、ハンターハンター、ザ・ファブルなどの話をしていると、食いついてくるようで、隠れオタクっぽかったです。

恋愛経験にしても、意外と少なかったようで、

「高嶺の花あるあるだなあ」

と思いました。

 

喫茶店に6度通った時に、連絡先交換。その後は漫画の話とともに、恋愛観を話していき、自然とセックス系の話にもっていきました。

下ネタも最初はNGっぽかったのですが、分量を薄めつつ、話していると慣れてきたようで楽しめるようになっていたようです。

お酒を一緒に呑める状態にもっていき、行きつけのバーにつれていきました。

そこで、テキーラサンライズという、柑橘系のお酒を進めると、時間経過でいい感じに。

最後は、近場のホテルで休憩いたしました。

 

実際の音声

おっぱいを胸板で潰しながら、さやかを抱きしめ。さやかは僕の背中に足でしがみつき、二人の体はこれ以上なく結ばれていました。

ヒクヒクと痙攣しているとき我慢できず、奥に発射。

同時に果てることが出来ました。

-体験談

Copyright© 糞雑魚遺伝子の逆襲 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.