未分類

筋トレの器具で使うべきものはなに?オススメ5選。使ううえで心がけること。

これから筋トレをしていきたい人は結構多いのではないかと思っています。

 

筋トレって、けっこうしんどいのですが、そのしんどさが良かったりします。負荷をかければかけるほどに磨かれるその体を見て自分の酔う。これも一つの特権。

 

その筋トレについてですが、器具を使うことで、より大きな負荷をかけることが出来ます。

重い物を負荷のかかる動きで上下したり、またそのトレーニングをサポートするアイテムを使ったり。使いどころは様々ですが、筋トレをやっていく上で、ある程度体を強くするのであれば、アイテムの存在は必要不可欠になると言えます。

 

それを踏まえて、今回はトレーニーとして、オススメの筋トレ器具を紹介していこうと思います。

筋トレの器具でオススメ出来るもの

いろいろ御託並べても、仕方がないので結論から書いていこうと思います。

 

  1. バーベル
  2. ダンベル
  3. マット
  4. ローラー
  5. ベンチ

これら5つさえあれば、自宅における筋トレは完結するのではないでしょうか。

一つずつ説明していきたいと思います。

 

1.バーベル

筋トレをする上で大事なものはなにかと言えば体全体を鍛えることが出来る器具の存在だと思います。そういった中で最も効果的なアイテムはバーベルになってくるのではないかと思っています。

バーベルがあれば、様々なトレーニングを肉体に課すことが出来ます。

ハイクリーンや、ベンチプレス、スクワット、それから自宅でトレーニングするのであれば、物足りないですがデッドリフトなんかも行うことが出来ます。

バーベル一本は2万円ほどするので結構な痛手になります。しかし、効果性を見るのであれば変なサプリメントを購入するよりもよっぽどいい投資だと言えます。

 

2.ダンベル

バーベルと鍛える範囲がかぶります。個人的にはバーベルが一本あればダンベルはいらないんじゃない。と思っています。

それでも、ダンベルには手軽さがありますし、スキマ時間に使える点はやはり便利であると言えます。値段もリーズナブルなことが多いし、最近はつかいやすいブロック状のダンベルも販売されています。

インテリアとしての機能も果たすほどのおしゃれな色合いとフォルムで人気があるようです。

 

3.マット

一見すると地味に映るかもしれませんが、フィットネス用のマットは自宅トレーニングをするのであれば必須のシロモノになります。

緩衝材としての役割を果たします。それによって、僕たちトレーニーがケガをするのを防いでくれますし、床が傷つくことも防いでくれる感じです。

縁の下の力持ち的な役割を果たしてくれる、オススメのアイテムなので、積極的に使っていくことをお勧めしますね。お値段もそこまで貼りません。

多少上等なものでも、2000円ぐらいで購入できたりします。

 

4.腹筋ローラー

腹筋ローラーですね。これもマットと同じく、安い値段で手に入れることが出来ます。場所によってはドン・キホーテやホームセンターなどでも手に入るので、ぜひ入手していきましょう。

簡単に手に入る割に効果性は非常に高いのが特徴で、ローラーをマスターしているころにはお腹周りはすっきりしているかと思われます。

使い方も簡単で、手軽に使えるので日課にすると良いでしょう。

 

5.ベンチ

バーベルと組み合わせることでベンチプレスが出来るので、オススメです。部屋の場所を取るのがあまりよくないのですが、これがあれば自宅トレーニングの本角度はかなり増し増しになること間違いなしです。

トレーニーとして、ぜひ手に入れてみましょう。

 

ぶっちゃけ、上の5つの内1,2つあればある程度の肉体は手に入ります。

昨今はいろいろなサイトで

筋トレ器具はいろいろなものを買うべきだ。

という言葉が飛び交っていますが、個人的に思っていることは

一つの器具を極める

これぐらいの意識でいいと思っています。

 

筋トレの器具はとても便利ですが、使っていく上で体に負荷がかかることも頭に入れておく必要があります。そういった中で色々な器具を買ったところでそれら全具を使いこなせるのか?と言えば大分微妙なところになるかと思います。

そこで、まずはバーベルとかダンベルとかを一本買ってみて、そこで体の鍛え方を身に着けてみることが重要です。

正直な話、器具なんてなくてもマッチョにはなれる。

筋トレに対して、僕が思っていることを書きます。

上の写真はジムに行っている時の写真になるのですが、ぶっちゃけた話筋トレなんて「ある程度のレベル」なら器具に頼らなくても何とかなるものなのです。

 

では、なぜ器具を使うのかといえば、ある程度でとどまっていた部位を超えるためです。

 

胸筋や背筋、下半身にしてもそうなのですが、自重トレーニングでは超えることが出来ない領域が出てきます。そういった領域にぶつかったときに、重要になるのはより大きな負荷です。

そこで器具を使う感じですね。

 

ベンチプレスをすれば、今まで使ってこなかった大胸筋を部位をフルに刺激することが出来ますし、バーベルスクワットにしても同じくです。

そういったトレーニングを積み重ねていくこと、筋肉の層は厚くなり、多少の負荷ではびくともしないほどに強靭なものへと進化していくのです。

 

とはいっても筋肉に大事なものは土台です。

しかしながら、どんなことにおいても共通することは、土台の重要性。

特に発達していない筋肉にいきなり大きな負荷をかけるのも微妙だと思っています。最近は初心者でもいきなりジムに行く人が増えています。

良いことだと思います。それでも、気付けばジムに行く機会がなくなっていたなんてこともよくあること。

 

ですから、最初な小さなことから初めてみるのが良いし、それならばまずは自重トレーニングでいいのだと思っています。

 

一つだけ買うのであれば、おすすめするものは何になるのか?

今回紹介した器具は5つありますが、その中でおすすめするのであれば、僕自身はバーベルを選びます。

 

バーベルを選ぶ理由としては、使いこなすことが出来れば体の全部位を強化することが出来るからです。

 

バーベルで鍛えることが出来る部位について。

  1. 肩周り
  2. 腰回り
  3. 下半身
  4. 上腕二頭筋
  5. 胸筋

メニューさえ選ばずに、継続さえできれば最強のトレーニング器具に変貌する。

バーベルで出来るメニューはビッグ3に加えて、様々あります。個人的にオススメするのはハイクリーンとショルダープレスです。

ハイクリーンは全身を鍛えることが出来ますし、他のトレーニングで鍛える機会の少ないハムストリングスを強く鍛えることが出来ます。また、腰回り全体的に引き締めることが出来るので、3か月ほどでくびれを実感することが出来ます。

加えて、肩周りを鍛えることにも一役買います。

ある程度続けていると小顔効果も見込めます。

 

もっとも、筋トレをスポーツなどのパフォーマンス向上を目的にするのか、見た目を良くしていくことを目的にするのかは人によって違うと思います。

とはいっても、バーベル一つあればスポーツマンも男磨きをしたい人も己を磨く上げることは可能で、バーベル一つで筋トレが完結することもザラにあります。

 

購入するバーベルはどんなものが良いのか?

2万円ぐらいのバーベルで、重さは最大50キロぐらいの物でも良いと思います。

ある程度トレーニングを重ねると、50キロでは物足りなくなるかもしれませんが、それならば回数を増やせばいいですし、それで十分に筋肥大は狙えますね。

 

まとめ、筋トレ器具を使っていく上で大事になっていくこと。

ということで、筋トレ器具を使っていく上でのまとめを書いていこうと思います。

僕が思っていることは、

その器具の塗装がはがれるまで、使い続けること

これになると思っています。

 

写真はありませんが、僕が使っているバーベルはメッキの部分がいくつかはがれていますし、そこからは赤錆が覗ていたりします。

こうした風にすれば、ちょっと汚いように感じますが、使っている人間からすれば意外と愛着がわいてきたりします。まあそんな感じで、道具に対してある程度の執着を持つことも筋トレを成就させるうえで大事なのかもしれません。

これは、スポーツでも仕事でも同じことだと思います。

 

昔は工場で働いていたのですが、長年使い続けたトルクレンチにはどこかしらの愛着がわいたもんです。

 

-未分類

Copyright© エクスチェンジ・ザ・ライフ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.